村人ちょるの日記

2018年の目標はブログを100本あげることです

なりたい自分と今の自分

プロローグ


【学名】

学術上、動植物につける世界共通の名称。ラテン語による。

ーー

動植物は,学名によって,それがそれと同定される.

人間だって,ホモ・サピエンスとして同定してくれるだけで

いいじゃないか.



なんで

僕は,僕.

君は,君.

パーソナリティをはっきりさせないといけないんだ?


僕を同定するのは,僕じゃないとダメなのか.


これまでは?


さてさて.

就活,始まりましたね.
僕も来年,卒業なので,就活をしなければいけないのですが
まだ,何もしてません.大丈夫でしょうか.


僕を必要としてくれる企業はあるのでしょうか.



そもそも,僕は,どんな自分になりたい のだろうか.

そんなことも,まだわからない・・・


こまった こまった...


何を見つけた?


今までは,学校の名前を盾にすることで


「自分が何者なのか」


を特に考えずとも生きて来れた.


でも,一人の人間として生きて行くために

大人になったら働かなければならない.


その時に,初めて


「自分が何者なのか」


をはっきりとさせる必要がある.


自分に見合った会社なのか?

自分はこの会社で働けるのか?


いわば,会社を選ぶという選択が

自分という人間が,職業:◯◯である
と,同定することになるわけで


「自分で自分を同定している」


と言える.


この選択は,本来,非常に難しいものであるはずなのに

なぜか,内定がない不安からか
どこでもいいから,俺を雇ってくれ!という
危険思想に陥ってしまいがち.


そして,こう嘆くんだ.


「こんなはずじゃなかったのに...」


そこから何を見出せる?


自分がやりたい仕事をできる人なんて,ほんの一握りだ.



みたいな言葉をよく聞く.

この言葉通りなら

納得のいく就職をできた一部の人は

それでいいのだけど

もちろん,それでも人生に対する葛藤はあるだろう

納得のいかない就職をしてしまった大部分の人は

  • 自分は,こんなもんじゃない.
  • もっとできるはずだ.

もしくは

  • 俺は,どうせダメ人間だから
  • 仕方ないよ,これが社会だ


なんて,悩みを抱えるだろう.


現実を受け入れることで

自分が社会の中のちっぽけな一部だと納得をせざるを得ない.



「なりたい自分」と「今の自分」

2つの差分が大きいほど,葛藤が大きくなる.


裏を返せば,この2つを近づければ
「葛藤」を少なくして生きていける.



そのために

「今の自分」を変えれば良いじゃないか

みたいな安っぽい意見もあるけど

普通,自分を変えるなんて
なかなかできないよ(少なくとも僕は)


ってことは,「なりたい自分」を
「今の自分」に寄せればいいわけだけど

これもまた難しい.



最後に,僕なりの考えを書いて,この記事を終えよう.


今日の言葉の公式

僕は「なりたい自分」を
小さな変化の連続で位置付けをしている.

数学的に言えば,微分可能な毎日の少しの変化によって
「なりたい自分」を位置付けるようにいる.


遠い先の自分は,きっと理想が高くなってしまう.


だから,僕は,見えそうで見えないぐらいの

努力すればなれそうな自分を「なりたい僕」と

位置付けて,そこに向かって努力して生きて行く.





なりたい自分

 = 今の自分 + 少し先までの僕の生活






エピローグ


山のあなたの 空遠く
「幸い」住むと 人のいう
噫(ああ)われひとと 尋(と)めゆきて
涙さしぐみ かえりきぬ
山のあなたに なお遠く
「幸い」住むと 人のいう

山のあなた」カール・ブッセ/上田敏

山の向こうに幸せがあるとしても

僕は,そんな遠くを見ない.


「なりたい自分」を

「今の自分」のすぐ近くで探すから.




pythonでAES暗号

プロローグ


なんで,ヤギさん達は
お手紙を読まずに食べたのだろう?


僕の予想だけど,
黒ヤギさんからお手紙ついた


僕は,鍵を教えてないのに

暗号化して手紙を出してたんじゃない?

だから読めなくて,食べちゃった的な!


これまでは?


毎日のようにポエム記事をあげるのもどうかと思うので

文系大学院生の僕だけど

たまには,プログラミングでもしてみようかな〜
と思って,記事を書いてみるね.


でも,本当にあってるかどうかは責任を持たないので
自己責任で使って欲しい.

そもそもあってるのか知らないよ.


そんなあやふやなこと書くなよ

って感じかもしれないけど,僕も書いてみたかったんだよ!!

ごめんな!



今回のテーマは

とりあえず,pythonでAESを動かしてみようぜ

ってやつ.


何を見つけた?


よくわからないけど,python のライブラリ
があるみたいだから,動かしてみるわ!

import binascii
from Crypto.Cipher import AES

key = '0a1b2c3d4e5f6a7b8c9d0e1f2a3b4c5d'
message = '00112233445566778899aabbccddeeff0123456789abcdef0123456789abcdef'

secret_key = binascii.unhexlify(key)
plain_text = binascii.unhexlify(message)

print('secret_key:',secret_key.hex())
print('plain_text:', plain_text.hex())

cipher = AES.new(secret_key)
data = cipher.encrypt(plain_text)

print('cipher:', data.hex())
print('decode:', cipher.decrypt(data).hex())


とりあえず,戻ってるからこれでよし!!



さてさて.AESで暗号化するときに

よくわからないけど
「The MixColumns step」というのをするらしい.

数学が苦手な文系大学院生なので
困ってるんだけど,取り合えず
英語のウィキペディアを読んだら

ガロア体 ってものを使うらしい
それも2の8乗の!!

まぁよくわからないんだけど

ウィキペディアに載ってる擬似コードを写して
みたんだけど,思ったように動かない(無能僕)


こまったこまった.

そこから何を見出せる?


そこで,グーグルで色々調べてみて
自分なりに,ガロア体を理解してみた!


ガロア体による表現は,xの何乗って形で
係数が0か1の多項式を使うみたい.

この0と1を2進法のそれぞれの桁のビット
としてみれば,どうも普通の排他的論理和による演算
をすればいいだけになるらしい!

でも,8bitを超えた場合は
既約多項式なるものを使って,8bitの内側に
落とし込むらしい.閉じてるってやつやね.

既約多項式の2進数表現 = 100011011

これを使う!

9bit目に超えた時は,既約多項式の2進数で
そのまま排他的論理和で演算すれば
一番左のビットは1と1になって0になるから
消えて,9bitの中に戻るよね?多分.

んで,10bit目が1になる繰り上げが起こった場合は
100011011 を 1回左ビットシフトして
1000110110 と排他的論理和を取れば10bit目消えるよね.

まぁこのようにして,8bitより左側の1を消して行くと・・・
おそらくそんな感じ.

それで演算を定義できたら
その演算を使って,ある行列に対してベクトルを掛ける
行列ベクトル積ってやつか.

そうすると,なんか計算できてるっぽい!

def gl8(a,b):
    r = 0
    p = '11b'  # x^8 + x^4 + x^3 + x + 1
    px = int(p,16)
    
    #普通に排他的論理和を取る
    for i in range(8):
        if ((b & 1) != 0):
            r ^= a;
        a <<= 1
        b >>= 1
        
    #溢れてる部分の処理
    s = r >> 8 #溢れてるbitだけ取り出す
    sz = len(format(s,'0b'))
    for i in range(sz):
        if ((s & 1) == 1):
            r ^= px;
        px <<= 1
        s >>= 1
    return r

#ガロア体 2^8 に使う行列
a = "02 03 01 01 01 02 03 01 01 01 02 03 03 01 01 02"
#計算したいベクトル
b = "2d 26 31 4c"

A = [[int(x,16) for x in a.split()][4*y:4*(y+1)] for y in range(len(a)//4)]
B = [int(x,16) for x in b.split()]
C = [0 for i in range(4)]

#行列計算
for i in range(4):
    for j in range(4):
        C[i] ^= gl8(A[i][j],B[j])
        
#16進数のベクトルに変換
c = [format(x,'0x') for x in C]
print(c)

う〜ん.できてるのかな〜

よくわかんないや☆


もし,わかる人は教えて!
コメント待ってます!

あってる場合も,あってるって教えてください!



ちなみに参考にしたのはこれ!

www.wikiwand.com

エピローグ


黒ヤギさんからお手紙ついた

白ヤギったら,復号せずに食べた


しかたがないのでお手紙書いた

「さっきの手紙の暗号の鍵はなぁに?」


これを,暗号化して送ろう・・・





屋根の上の大阪

プロローグ

もしも...

もしも 「全く勉強をしなくて良いよ」

と言われて,人は耐えられるだろうか.

勉強しなくていいよ ではなく

”全く”勉強しなくていいよ

だとしたら...

これまでは?

やぁやぁ,またまた久しぶりの記事だ.

(年間300を目指してるのに,未だに3記事目
 目標達成は,1月半ばにして,もう厳しそうである)


何故かというと,僕は大学院生なので
授業の課題をやったり,研究をしなくてはいけないから
どうしてもブログを書くのが後回しになってしまう・・・

そうして,勉強したくね〜〜

と思うわけだが,まぁそうもいかないのである.

どうしたものか.


何を見つけた?


そんな時,ふと思い出すのが

マスター・キートン という漫画の

「屋根の下の巴里」(たしか3巻)

というエピソードだ.

ストーリーはググれば出るから,そうしてもらって・・・

ここでの主人公のキートンのセリフ


「人間は一生学び続けるべきです
 人間には好奇心、知る喜びがある。
 肩書きや出世して大臣になる為に学ぶのではないのです」

「では、何故学び続けるのでしょうか?・・・」



「それが人間の使命だからです」



これは,至極の一言 だと思う.


だって,僕は,この話を読むと

ご多分に漏れず,学びたくなってしまうのだから.



そこから何を見出せる?


僕が持ってる好奇心.

ずっと,持ち続けることはできるだろうか.



きっと,知識だけが欲しい
という好奇心は,そのうち枯れてしまうと思う.


今の僕が持っている学ぶ事へのモチベーションは


「過去,どんなことが起こって,今ができているのだろう」

「そして,今を分析することで,未来を見たいなー」

「今,ある知識で,この世界を自分なりに分析したい!」


みたいな感じ.



傲慢かもしれない.



だとしても,僕は,僕の理論で
この世界のコンテキストを読んでみたいのである.


この記事.10年後,20年後,・・・の自分が見たら
どう思うのだろうか.恥ずかしくて,死にたくなるかも知れない.

エピローグ


「どうして知りたいの?」


そんなこと言われたって困る.


だって,その答えは


「ただ知りたいから」


それ以上の理由は,無いのだから.





キュリオシティドリブンに生きる

プロローグ


ある時の話.

食料を得るために,スーパーに来た.

野菜炒めセット*1を手に取った時
ふと,こんなことを思った.

「これは健康的で経済的で合理的な商品だ」

うん.これを買えば,食料問題は解決だな.



生活の中の何気ない1つ1つの「選択」が
少しずつ人生をつまらなくしているのかもしれない...



これまでは?


なんだかんだ,久しぶりのブログ更新になってしまった.

この記事では,僕の生き方について論じようと思う.


「キュリオシティドリブン」 興味の赴くままに

という言葉.みなさんは知っているだろうか.
言葉の意味を詳しく知りたければ調べて欲しい.

まぁ簡単に言えば

合理的に生きるのではなくて
面白そう!って思えたモノに,
面白そう!って思った時に触れよう.

この一見無駄に見える遠回りこそ
人生を豊かに,面白くする行動など思う.


今までは,そうやって生きてきた.


何を見つけた?

今,僕は,大学院に通っている.

大学院というからには,もちろん(?)専門的(?)な
研究(?)をしてる(?)わけだけど(?)

逆に言えば,世界を専門的な目で見てしまっている
ということでもある.

「キュリオシティドリブン」 は 非専門的

そこに,その言葉の意味があった.

もっと大きな人生にスパンで見れば

大学院への進学自体が興味の赴くままに
なのかもしれないが,日々の中では
キュリオシティドリブンに生きれない時が
度々あることに気がついてしまった.


限られた時間を有効に使うために
「遠回り」をせずに
シンプルで合理的な生き方をしてしまっている.


子供の頃は,きっといろんなものに
興味を持って生きていられただろうけど
大人になるに連れて,段々と
自分ではない外の世界を見る目の輝きを失ってしまう.

とっても悲しいことだけど
この社会で生きていくためには
仕方ないことかもしれない.


そこから何を見出せる?

僕の好きな言葉に

I have no special talent. I am only passionately curious.
私には特別の才能はない。ただ私は、情熱的に好奇心が旺盛なだけだ。

というものがある.

この言葉は

スペシャルではないかもしれないけど
 好奇心という才能を持ってる.」

そんな風に聞こえる.


言い換えれば,

「興味を持てることは才能だ」

ということなんじゃないかな.


でも,僕はこれだけじゃダメだと思う.

次に必要なのは
「興味に従って動ける」こと.

でも,これは「能力」だと思っている.
だから,努力すれば出来ないこともない.


そうすると,必要になるのは,やっぱり
「才能」である興味を持てること ってなってしまう.



失ってしまった「目の輝き」を取り戻すには
どうしたら良いのだろう.



ひとまず,アインシュタインの言葉をもう一度思い返そう.


<ーー以下,僕の脳内一人会話ーー>

何か,抜け落ちてる部分は無いか.


I have no special talent. I am only passionately curious.


passionately curious...

passionately!!

あ!! これだ!!

情熱的って言葉が抜けてるやん!!!!!!


目の輝きは取り戻せないかもしれないけど

情熱は,手に入れられるんじゃないか?


そうだ!! 情熱(じょうねつ)を探しに行こう!!!


<ーーここまで,僕の脳内一人会話ーー>


今年の生き方は

おもしろい!って思えたものに対して
本気でぶつかろう!


これにしよう.



大学院生になって専門的になった分
色んな物に,好奇心は持てなくなっちゃったかもしれない.


だったら,ちょうどいいな.



この記事は,長くなってしまったので
また明日,別の記事で,この続きを書こうと思う.


今日の言葉の式

キュリオシティドリブンに生きる

  = ①興味を持てる + ②興味に従って動ける




エピローグ


また別のある時の話.

再び,食料を得るために,スーパーに来た.

安くなってるキャベツと大根を手に取った時
ふと,こんなことを思った.

「これで何か作ろう・・・」

はぁ・・・ お金が無いって悲しいな.


一見ネガティブなこの感情.
よくよく考えれば,
お金がないから工夫しなくちゃいけないという制約が
逆に人生をつ面白くするのかもしれない...






*1:キャベツやもやし,にんじんなどがまとまって入っている便利な商品.

今年の目標は

プロローグ

朝4時.

「年賀状は年がくれる前に
 書くものだったよな」

と思いながら

年賀状を書くために


僕は 筆を取る




これまでは?

毎年,毎年,適当に生きていたら

もう3度目の年男を迎えてしまった.

1回目は,生まれた年

2回目は,小学校6年生(多分)

3回目が,今.大学院2年生(予定)



そろそろ,真面目に生きないとな
と思ってきたので,今年は目標を立てようと思う.


何を見つけた?

今年の目標は

100個のブログ記事を書くこと


毎日とか,1週間に○記事

ってしてしまうと,大変なので

なるべく3日に1度は書きたいと思っているが,もしかしたらまとまっていっぱい記事を書いてしまうかもしれない.


それでも許してほしいな.と笑


そこから何を見いだせる?


だらだらと記事を書いていてもしょうがないので,毎回5つ同じ章題を使って書いていこうかな.

って思ったわけです.

1.プロローグ

2.これまでは?

3.何を見つけた?

4.そこから何を見出せる?

5.エピローグ



プロローグとエピローグは
ポエム的ななにがしで
適当に,短めに言葉を書きます.


2の「これまでは」って言うのは
過去の話

3の「何を見つけた」って言うのは
現在の話

4の「そこから何を見出せる」って言うのは
未来の話


まぁだから,少しタイトルとは
違う感じの文になってしまう時もあるかもしれないけど,そこは許してほしいね.


んじゃ,今年も一年

みなさん.よろしくね!!


エピローグ


1年に1度の挨拶.

年賀状の文化も

毎日のようにSNS
コミュニケーションをとってる
時代には,どういう意味があるんだろう.

そんなことを考えながら


僕は 筆を進める




僕もお金が欲しい

プロローグ


友達なんていらないさ

あんなもの,ただの幻想に過ぎない.

ぼくは,僕のやりたいことをする.



それで十分だと思ってた...




今日はクリスマスイブ!


ハッピーハロウィーン!!🎃🎉

今日,12月24日は

僕の大切な友達,ぜんくん!の誕生日です!

お誕生日おめでとう!

あと,おまけでクリスマス・イブですが
まぁ,多くの人にとっては,平日の日曜日.


毎日がエブリデイです.

今回の記事のテーマ

さてさて,今回の記事のテーマですが



なんと,「僕もお金が欲しいという話」

になりました.


僕は,違うやつになるだろうなー
って思ったけど,予想が外れました.


ってことで,今日のテーマは「お金」



長いので,ここから先,読まなくていいです.

僕は賢いので,要約を用意しました!

それで満足してくださいw

時間がない人のための要約


僕は,お金が欲しい

と思った時は

もっと良い,経済システム

について考えることにしています.

一緒に考えませんか?




ここから本編.


夢,ブルーハーツ

「あれも欲しい」「これも欲しい」

「もっと欲しい」「もっともっと欲しい」

「あれもしたい」「これもしたい」

「もっとしたい」「もっともっとしたい」



ブルーハーツ-夢-



次から次へと湧き上がってくる

「欲」


皆さんは,これとどう向き合っていますか?



多くの場合は

「○○が欲しいけど,お金がない
 我慢しよう」

「○○がしたいけど,お金がない
 やっぱりやめよう」


こうなるのではないですか?


もっとも,こうならないお金持ちの皆さんは
こんな風には思わないと思いますが.


お金持ちを捨象すれば,議論は簡単で


もっと,お金があったらなぁ


の一言で,全ての原因を押し込めることができます.



お金があれば


例えば,今,僕は

北陸の寒空の下,ある駅で徹夜で6時間

電車を待ち続けていて

その時間を使って,この記事を書いてます.


ほんとうに寒いです.

寝たら,死にそうです.


お金があれば,そもそも18切符の鈍行ではなく
有料特急で帰ることができたし

お金があれば,どこかカラオケや
居酒屋さんに入って暖をとることができたし

お金があれば,ホテルに泊まることも
できたはずです.


でも,貧乏文系大学院生にはお金がありません.


それは当然です.

僕は,大学のTAしかバイトをしていません.
それに研究にお金がつかないし,稼げません.

TAで得ることができる給料なんて微々たるもの.
(もちろん,それのおかげで最低限のご飯が食べれているけど)


お金を得る努力をしていないのだから

お金がないのは当然だ.


ということを言われてしまえば,それまでなのですが
なんか,僕は違和感のような疑問を持っています.


エスチョンクエスチョン

疑問は2つ


1つ目は

どうして,世の中には

お金を持ってる人 と
お金を持ってない人 がいるんだろう.


2つ目は

なんで,みんなは

お金が欲しければ
働けばいいじゃん! と言ってくるのだろう.


ということです.



差の正体 と お金の源泉


上記の2つの疑問について

この答えは「資本主義経済」を考えれば
すぐわかるものです.

「能力のある人 or 資本を持っている人 が 儲かる」

「働けば,それに見合った対価が支払われる」


差の正体は,「能力・資本の有る無し」

お金の源泉は,「働くこと」



もちろん,ほかに良いシステムがない以上
一番納得できる形だよね.


わかるんだよ.わかるんだけど,違うだろーー!


でも,でも,でも,そんなの関係ない.


人類・世界は,資本主義経済よりも
良い経済システムを思いついていないから
今の所,この経済システムを取っています.

だからと言って,このシステムが
本当に一番良いものだとは言っていないのです.


僕たちは,生まれた時から
この経済システムの中で生きてきたから
ある意味で,これを当たり前だし,良いものだと
思ってしまっているのではないでしょうか.



僕は,ポテンシャルを持ってる人も
持っていない人も,みんなが幸せになる
経済システムになって欲しい!

それに

お金をいっぱいもらえるような仕事をしたくても
その能力のない人だって

当たり前だけど,幸せになりたいんです.


能力のある人は,皆,口を揃えて
「働けば良くない?働けよ」と言ってきますが
その価値観の押し付けは,不条理ですよ.
能力のない人からしてみれば.




この対立は,もはや不毛だ!



装備の確認


この難問に立ち向かう僕の装備は

以下の通りです

僕の鎧

  価値=お金 本当?

僕の盾

  「平等の権利」と「平等の義務」

僕の剣

  お金では表せないものに価値を見出そうぜ!



では,この装備で,切り込んで生きましょう!


僕の鎧


防御には,現代美術の議論を持ち出すことで論じましょう!

(すごい極端に言ってるので,細かい部分での指摘はあるかと思います)

現代美術は,芸術としての価値がお金に変わっていく芸術です.

芸術としての良さ は 価値が上がろうと下がろうと
変化していないはずなのに.

宝石とか,きれいなものは お金になるけど

美しいものは,すぐにはお金にならない.


それは「態度」が決めるのです.


この芸術には,こういう意味がある.

オークションでいくらの値がついた.


僕たちが,それを芸術だ!と思う
その「態度」こそが,芸術の価値になる

さらに,それが結局は,お金になってしまう.

「物」は同じだけど,態度が決まった時
価値が決まるんです.


日本人が「刀」を大切にするように.

刀なんて,外国人にとってみたら
武器とかナイフとしてしかみられない.

でも,日本人にとってみれば
刀には,それ以上の意味があるよね.



僕の盾


「哲学」特に論理学っぽく見ることによって
より強固なロジック(防御)を手に入れましょう.



まず,僕の好きな日本の憲法を見てみましょう

平等権(第14条です)

「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」


ここには,均等に機会が与えられること
「平等である権利」は,述べられているけど
平等である義務は記述されていません.


また,国民の義務に,平等であること.
幸せになることは書いてないのです.

幸せは義務では無い!



一方で,最近の問題で

働けど働けど豊かにならない.生活が良くならない.

という「ワーキングプア」の問題があります.
(これについて色々論ずるのは大変なので,僕の主張だけ)



この現状を考えると


働け!!

っていうのは,機会均等が保証されている
という観点からは正しいです.

でも,その努力に対するフィードバック(報酬)が
均等になってるとは言えない.


と考えられるわけです.

同じような仕事をしても

社会的な仕組みとして正規社員と非正規社員
報酬が違うなどの問題がありますよね.


ちょっと待って!!
学歴がある人,頭がいい人になれば
「報酬がいい仕事」を目指せるじゃん.

ということもあるでしょ.

でも,果たして,本当にそうでしょうか?


教育にはお金がかかってませんか?

お金がある親 を持つ子供 と
お金がない親 を持つ子供 が

同じ教育を受けられているでしょうか.

奨学金があると言っても
大学に入った後ですよね.

学歴なんて,大学を見ますよね.

でも,その大学に入る前までの
お金の問題は,本当に
機会平等になってると言えるでしょうか.


論理っぽく考えると


「平等の権利」 ≠ 「平等の義務」


「平等の権利」 = 「機会の平等」

が正しい.だから

「機会の平等が実現してる」

  →(ならば) 「報酬が均等になってる」

というロジックを組むことで
ちゃんと,この世界は平等になってる!
と言えるように思ってしまいます.

でも,持っていくのは,ちゃんと

機会の平等が実現している事

かつ

報酬が均等になっている事

を確実に言わなければなりません.



僕の剣


僕が最近思うことは


いつからか

「幸せになりたい」

ということから

「お金が欲しい」

に変わっちゃっていませんか?


ということです.



なんか,子供の頃って

みんなで放課後,ドッチボールやったり
サッカーやったり,集まってゲームしたり

お金がなくても楽しかったような気がします.


もちろん.最低限のお金がないと
その道具も手に入りませんが・・・


もし,最低限のお金を手に入れられることを
保障したとしたら


「幸せになる」ために「お金を手に入れる」

ということに固執することないし

「幸せになる」という目的がなくなって
「お金を手に入れる」となってしまうことが
消えるはずです.


お金がなくても,幸せになる

そんな,未来が来て欲しいです.



例えば,最近の仮想通貨バブルもそう.

何もわからないのに,手を出して
損した・・・ と言っている友達もいましたが

それは,儲かった友達を見て

俺も儲かりたい.と思ったから手を出したわけですよね.

僕もお金欲しい!っていう欲望が先行してしまったんですよ.

吾唯足るを知る.そんな気持ち,持ってないですか?



僕は,最近

友達がいる.友達と話すだけでも

すごい幸せに感じます.

たとえ,お金がなくたって.


今行われている事例

生活に必要な最低限のお金を
生活保護」という形で配布するのは

僕は「お金を持っている」状態と
同じにするために配っている気がします.



だから,僕は思うのです.

逆に言えば,正しい方法で
最低限のお金さえ保証すれば

あとは,働きたい人は,働けばいいし

幸せになるために何かをしたい人は
それをすればいい.


もっと,今よりも,幸せになるために
人生を使うことができる気がするのです.


つまり,幸せになってもらうためには
最低限のお金を平等に配ることで
お金を持っている状態と同じにするのではなく
幸せになるための選択肢を選ぶための
最低限の手段を保障することになると思います.



だから,僕が今のところ良いなと思う経済システムは

ベーシックインカム
・シェアリングエコノミー

の実現です.


これを

アドラーの共同体感覚 や
ハーバーマスの公共圏 や
アンダーソンの想像の共同体 や
マクルーハンのメディア論
(とくにネーションとパブリック)

などの視点から,もっと考えている途中です.


これらが僕の武器です.




明日は,クリスマス!


もし,ここまで読んでくれた人がいるなら


「お金が欲しい」という心を

「幸せになりたい」に切り替えましょう!

僕と一緒に.


そして,もっと良い経済システムを考えましょう!



たしかに

僕らが考えただけで,世界が変わることはない.
これは間違いない.

でも,だからと言って,考えることが無意味なはずがない.


時間も,頭脳も,無駄にするかもしれない.


だけど,その「無駄」を大事にするところから

始まっていく気がします



(なんか,自己啓発っぽい終わり方になってしまった)


(文章も,長くなったり,難しくなるから,消したりしてて
 もっとちゃんと推敲したいんだけど,見直す時間がなかった)

(また,時間があったら,推敲して,議論があっちいったり
 こっちいったり,しないように記述したいですね)

(今は,書きたいことを次から次へと書いただけだから)

(もちろん,この記事は,僕の理論最強!!こう考えない奴ら
 全員間違ってる!! と主張するものではないです)



エピローグ


お金なんていらないさ

あんなもの,ただの幻想に過ぎない.

ぼくは,友達と楽しく生きていたい.


それで十分なんだ.

そっと、ドミノを倒し始めるように

プロローグ

数学的帰納法


それは


そこから先のすべての数に対して
命題が成立していることを証明すること


まるで「ドミノ」を倒すように



これまでは?

工学院大学(付属の中高)が関わっているドラマ


「先に生まれただけの僕」

www.ntv.co.jp



昨日、最終回でしたね。みなさん。見ましたか?


僕は、結構好きなドラマでした。

今回の記事では、その最終回で僕の心に残ったセリフを
見ていこうと思います。



何を見つけた?

このドラマは

大手商社に勤務していた
アイドルグループ嵐の桜井くんが
下の上ぐらいの高校に出向し、校長先生をやることになって
その高校を変えていく。

というドラマですが
まぁ詳しくは、Huluでも何か登録して
実際に見て!という感じです。


取り上げたいのは

最終回、夏休み前のホームルームで
高校1年生に対して言った言葉です

今、高校一年の君達と十年後の君達は別人ではありません。

今日の自分が明日の自分になり、明日の自分が明後日の自分になり
そして、十年後の自分になっていきます。

でもし、十年後自分がこうなっていたいと思う何かがあるなら
今日のうちにやっておかなければならない事が一つや二つあるはずです。


僕は、このセリフを聞いて、あぁ
僕も、今、やるべきことがあるな。
頑張らなくちゃと思いました。


と、同時に

あることを思いました。


そこから何を見いだせる?


今日の自分 が 明日の自分になる

明日の自分 が 明後日の自分になる

そして 十年後の自分になる



この部分


これは、まさしく数学的帰納法の概念です。


数学的帰納法 - Wikipedia


まぁちょっとだけ違うから

もうちょっとそれっぽく書くと

    • -

1.

今日の自分 が 明日の自分になる


2.

ある日の自分 が ある日の次の日の自分になる

と仮定したとき


ある日の次の日の自分 が ある日の次の次の日の自分になる

が成立する

    • -


今の僕 が 将来の自分になる


この命題が崩れることはない。



数学的帰納法

「今日の僕」と「将来の僕」の繋がりを

保証してくれている



だからこそ僕たちは、安心して

未来に向かって努力することができる。




ってことですね。


よかった。よかった。


※もちろん、この証明が間違ってる事は分かってます

 ある日の次の日の自分 が ある日の次の次の日の自分になる

 ここの部分が、間違ってますよね。
 
 間違ってることを示すのは簡単。反例を示せばよい。

 例えば、死ぬ前日の日。
 次の日の自分は死んでるんだから、イコールではない。
 
 でも、いいの。死んだ自分も、自分だからって反論するから。

エピローグ


僕たちは、未来に向かって
ドミノを倒し始めた。


このドミノは止まることはない。

ずっと、ずっと、未来に向かって進み続ける。

数学的帰納法が、それを保証している。


Q.E.D.